大豆 ☆ 味噌 ☆ やまといも 2020の分

昨年は、新しい農地の土をよくするためもあり、大豆を栽培しました。

しかし、長梅雨。6月から7月いっぱい、お日様が出ない日が続きました。8月、ようやく梅雨が明けたと思ったら、今度は日照り。20日以上、雨が一滴も降りませんでした。そのため、生育に大きな影響が出てしまいました。

5月に播いた「あやこがね」は、その多くが結実にも至らず、雑草にも負け、枯れてしまいました。

6月下旬に播いた「きよみどり」は、開花時と日照りがちょうど重なってしまいましたが、水田で栽培していたので、水をジャンジャン投入してなんとか実を結んでくれたのでした。

脱穀機が途中で故障し、息子に助けてもらったりしながら、何とか収穫した大豆です。白いものが「あやこがね」、緑のものが「きよみどり」です。

この大豆を使い、味噌を仕込む準備をしています。まずは、作業場を自前で改修して保健所の許可を取る必要がありますので、今のところは「乞うご期待」というところです。

今は、昨年の私の大豆を使って仕込んでもらった味噌が仕上がっています。こちらは自家用、お裾分け用です。仲良くしている老舗の味噌屋さんに仕込みをお願いしています。旨いです。

味見の動画も、よろしければご覧下さい。

それと、じつは「やまといも」も試験栽培していたんです。下のイラストの中のイチョウの葉のような形のやつですが、いびつなものが多くなってしまっています。今、土の中で保存しています。どうしようか思案中です。

てな感じで、ご報告を載せておきます。ご関心のおありになる方は、お気軽にご連絡下さい。

関連記事